wordpress-logo

ロリポップレンタルサーバでWordPressを始める方法

ロリポップのレンタルサーバでWordPressを使ってみました。早速その手順を記録することで、本ブログ最初の記事とします。大まかな流れは以下の通り。①を省けば、所要時間は5 – 10分程度と思います。

  1. ロリポップレンタルサーバに新規契約し、同時に独自ドメインの設定をする。
  2. WordPressで使用するデータベースを作っておく(自動作成もあります)。
  3. 作成したドメイン、またはそのサブドメインのディレクトリにWordPressをインストールする。
  4. とりあえず、最低限必要そうなプラグインだけインストールしておく。
  5. 試しに一つ、投稿してみる。

1. に関しての詳説はここでは省きます。どのプランにするかは、期待する訪問者数に応じて決定すべきですが、実際判断が難しいところでしょう。現在(2015/10/10) ロリポップさんが提供しているレンタルサーバのプランは、次のURLにある通りです。

https://lolipop.jp/order/form/

「試しにWordPressをやってみたい」という方なら、それほどハイスペックである必要もありませんが、言わずもがな、「安かろう、悪かろう」です。良いものであるに越したことはないでしょう。一方、「本気でWordPressを用いて集客したい」という方なら、ロリポップ以外のサーバも含めて検討する必要があります。以下のサイト等を参考に、判断してみて下さい。

http://bazubu.com/how-to-choose-wp-server-22864.html

さて、サーバに契約し、ドメインの設定を終えましたら、次は手順2. WordPress用データベースの作成です。自動作成機能を用いることで、省略可能なステップのようですが、今回はデータベースに名前を付けたいところなので、手動で作成することにします。ロリポップさんで利用出来るデータベースはMySQLです。では、「ユーザ専用ページ」から、データベースの項目を選択します。

スクリーンショット 2015-10-10 2.29.24

選択しましたら、「作成」をクリックし、実際にデータベースを作成していきます。

スクリーンショット 2015-10-10 2.35.20

MySQLの知識が少なくても、WordPressをさくっと運営する分には問題ないと思います。もちろん、様々なカスタマイズや、問題解決をして行くには、知識を増やす必要があるかもしれません。引き続き、三つの項目を設定します。

スクリーンショット 2015-10-10 2.41.27

最初の項目である「作成するサーバー」はデフォルトで設定されているものから敢えて変更する必要はないでしょう。次の「データベース名」は「XXX000000 – ○○○」の丸印部分に与える名前となります。適時”wordpress” や”blog” 等、自由に決定して問題ありません。最後の「接続パスワード」は、データベースを実際にphpmyadminなどで確認する場合に必要となりますので、入力後はしっかりと保管しておく必要があるでしょう。以上でデータベースの設定は完了です。「作成」ボタンをクリックして、処理を終了させて下さい。

データベースの作成が済みましたら、あとは手順3. ワードプレスのインストールとなります。「ユーザー専用ページ」のメニューから、今度は「簡単インストール」を選択し、「WordPress」をクリックします。

スクリーンショット 2015-10-10 2.54.08

ここではまず最初に、手順1.で用意しているドメインと、手順2.で用意したデータベースを選択します。

スクリーンショット 2015-10-10 3.05.03

「インストール先URL」にWordPressをインストールするドメインを選択しましたら、その横にあるディレクトリ名は通常の場合空欄で問題ないでしょう。ドメイン直下でWordPressを始めないような場合に、ディレクトリ名を指定しましょう。「利用データベース」は先程作成したデータベースです。次に、WordPressの設定項目に参ります。

スクリーンショット 2015-10-10 3.05.10

「サイトのタイトル」はもちろん、これから作成するサイトの名前です。このブログの場合なら「コーヒー好きのプログラミング」となります。「ユーザー名」及び「パスワード」はWordPressの管理ページに入る場合に必要になりますので、必ず保管しておきましょう。さて、ここまで入力しましたら、「入力内容確認」をクリック、後はナビゲーションに従い、処理を終了させます。

処理が終了しましたら、WordPressログイン用のURLが提示されますので、そのURLをブラウザのブックマークやお気に入りへ登録しておきます。実際に管理ページへログイン後、手順4. プラグインのインストールへ進みます。

プラグインは管理ページサイドメニューの「プラグイン」という項目からインストールすることが出来ます。

スクリーンショット 2015-10-10 3.24.49

とりあえず始めるにあたり必要なプラグインは以下の二つのようです。

  • WP Multibyte
  • SiteGuard WP Plugin

前者は日本語マルチバイトに関する修正用パッチ、後者はセキュリティに関するものです。それらを有効化しておきましょう。

さて、これで初期設定は大凡終了です。最後に、手順5. に従い、試しに最初の記事を投稿してみることにします。デフォルト設定で作成されたページを開き、hello world の記事の「編集」をクリック、管理ページの編集画面に移ります。そして、その画面が……

スクリーンショット 2015-10-10 3.35.47

このスクリーンになります。まさに、現在入力作成中のページでございます。原稿が現行に追いた次第です。以上、「ロリポップレンタルサーバでWordPressを始める方法」でした。

季節も移ろい、虫歯が疼きだす、10月10日です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA